夜間頻尿に関する情報サイト

夜間頻尿に関する情報サイトです。

特に病気がない場合の夜間頻尿対策3つ

夜間頻尿の苦しみというのはその人でなければわかりにくいものであると言えるでしょう。

ただ、夜中、寝ている時にトイレに行きたくなるだけで、他に検査をしても何も病気は見つからなかったとしても、やはり辛い症状であると言えます。

何故なら、睡眠中にトイレに行きたくなるということはぐっすりと眠りにくい、あるいは眠れないということにつながりやすいからです。

特に寒い冬などはトイレに行きたいと思っても、寒くて布団からなかなか出たくないものです。できれば、朝までトイレに行かないで済むなら我慢したいと思ったりもするでしょう。

しかし、トイレに行きたくなったら、なかなか我慢はできないものです。というよりも、トイレに行きたいというのを我慢していたら、なかなか眠れなくなってしまいます。

そうなると確実に睡眠不足になってしまいます。それだったら、寒いのを我慢してでもトイレに行けばよかったということになります。

では簡単になるべく夜間にトイレに行かなくても済む可能性が上がる方法を3つお話ししましょう。

1. コーヒーなどの利尿作用のある飲み物は夜は飲まないようにする。

2. 夜、アルコールを飲む習慣のある人なら、時々はアルコールを飲まないようにする。

3. 日中、あまり頻繁にトイレに行かないで、少しトイレにいくのを我慢する練習をする。

以上、シンプルな3つの方法ですが、病気が何もない人の場合はそれなりに効果はあります。

特に3番の我慢する訓練が効果的ですので該当する場合は実践してみましょう。

夜間頻尿の原因と考えられるもの

夜間頻尿は夜間の間のトイレの回数が通常よりも多い状況を差します。

寝る前の水分摂取が多い場合や体を冷やしてしまった場合などにも起こりうるものですが、長期的に続いたりする場合の原因としては、加齢などが主な要因になったりします。

また、加齢の他にも神経の損傷などによっても神経因性頻尿などがあり、そういったものが夜間頻尿に結びついている場合もあります。

基本的にこういったものが原因になっている場合には神経の損傷を修復すれば改善はします。 こういった神経損傷を改善するための手段としては、神経の損傷を修復してくれるようなものを摂取すると良いです。

神経を修復してくれるものとしては、ビタミンB12などのビタミン剤やサプリメントなどがおすすめです。 これらの商品は基本的にはドラッグストアで扱われており、簡単に購入することが可能となっています。

ですが、もっと簡単に、そして割安に購入する方法としては、インターネット通販ショップなどを利用する方法もあります。 こういった方法は安く買える可能性と、自宅にいながら購入できるという大きなメリットがあります。

インターネット通販での買い物は多くの人が利用している方法であり、簡単に商品が手に入るので非常に人気があるものになります。

 

頻尿の原因はさまざまです。男女の性別によって、また年齢によって多い原因は異なります。男性の頻尿の原因で多いのは前立腺肥大症で、女性の頻尿の原因で多いのは膀胱炎です。また男女や年齢に関係なく起きる過活動膀胱という病気もあります。もちろん他にもいろいろな原因があり、中には前立腺がんや腎臓疾患など怖い病気も潜んでいるので注意が必要です。
夜間頻尿の原因と治療対策ナビ@頻尿改善サプリ人気ランキング
2016年4月7日 - 日本の夜間頻尿の患者数は40歳以上で約4500万人といわれており、40歳代では約4 割の人が夜間に1度、60歳代 .... アンケートにご協力ください! 今回のヘルスケア情報「 夜間頻尿」はいかがでしたか? 対策したい; 参考になる情報があった
トシのせいだと諦めていませんか?夜間頻尿|eo健康 - eonet.jp
夜間頻尿」の原因の1つは、昼間に摂取した水分が血管の機能低下によって足に溜まる 「足のむくみ」のため。 簡単なストレッチで足のむくみを解消しましょう。 世界中で最も 海藻をよく食べる日本人 「夜間頻尿」とは、足に溜まった水分が夜間、頻繁に尿として体 ...
はっぴーエイジ むくみ対策ストレッチで夜間頻尿にサヨナラ
Copyright (c) 夜間頻尿に関する情報サイト All rights reserved.