夜間頻尿に関する情報サイト

夜間頻尿に関する情報サイトです。

夜間頻尿の対策方法

私は現在40代で、もともとトイレが近い子供時代をすごしてきました。 妊娠出産後には、何か変化があるかとおもいきや相変わらずトイレの近さは変わらない。

それどころかさらにトイレが近くなっている気がしました。 さらに産後10年が経過しても相変わらずの頻尿が続き、最近では寝る前にトイレに行っても 夜中の間に2~3回とかトイレに行きたくて目が覚めることが多くなりました。

間違いなく夜間頻尿だということは分かっていたけど、いったいどうしたら解決できるのかが 分からずに悩んでいましたが、病院に行くのもいいけど手軽に購入することが出来るサプリメントや 膀胱括約筋を鍛えたりする方法があるとネットで知りました。

原因はどんなことであっても、夜間頻尿であることは変わりないのでいかに上手に付き合っていくかを 考えることが大事だと思いました。

膀胱括約筋とは、内尿道口周囲にある平滑筋で蓄尿の働きをするそうで、この括約筋の力が 弱くなるために、尿意を何度も感じやすくなりトイレに行く回数がぐんと増えてしまうのです。

その括約筋を鍛える方法としては、骨盤底筋体操というのがありこれを続けるとだんだんと 骨盤底筋が強くなり、夜中のトイレを感じて何度も起きることがなくなるそうなんです。

私も毎日テレビを見るときなどに、ちょこちょこと体操を続けてきたところ、随分と夜間に トイレで目が覚めることが減りました。

一時期睡眠不足で朝も辛かったけれど、括約筋を鍛えたために頻繁に起きることがなくなり朝の目覚めも 昔のようにすっきりとしたものになりました。

夜間頻尿の原因について

夜間頻尿とは、夜間睡眠中に1回以上トイレに行くために起きなければならない状態が続き、本人が困っており、そのことで睡眠不足が生じて日常生活上とても困っている状態を言います。

その夜間頻尿の原因として男性の「前立線肥大症」などが有名ですが、女性でも困っている方は多いようです。その原因は大きく分けると3つになります。

一つは「夜間多尿」、もう一つは「機能的膀胱容量の減少」そして「睡眠障害」です。 「夜間多尿」とは、正常であれば尿は日中に作られることが多いのですが、心臓や腎臓の働きが弱まると夜間まで尿をつくる働きが続き、その結果夜まで「尿」がたまってしまうことです。

日中に水分を過剰に摂取してしまう場合にも生じます。 「機能的膀胱料の減少」は「前立線肥大」「神経因性膀胱」「過活動膀胱」「間質性膀胱炎」などのいろいろな病気が原因で、膀胱に尿をためておくことができなくなるため、1回の尿量が少なくなりその変わり回数が多くなってしまうことです。

夜間頻尿で睡眠不足になると先に書きましたが、もともと「睡眠障害」があり、睡眠の質が低下しており、夜間起きてしまうためにトイレに行ってしまうということもあります。

うつ病や不眠症といった精神的な要因の病気の場合もありますし、また「睡眠時無呼吸症候群」、「むずむず足症候群」などの病気が原因の場合もあります。 どのような場合でも、専門の医療機関に相談するのが良いでしょう。

 

v class="w">デリケートゾーン(会陰部)をさするだけで夜間頻尿の回数が激減! - ベース ...www.bbm-japan.com/_ct/17208637 - キャッシュ2018年9月25日 - 堀田先生によると、専用のローラー鍼を使って、自分で会陰部の皮膚をやさしく刺激すると、夜間頻尿が改善されるそうです ... さする場所 会陰部ーー女性は肛門と膣の間、 男性は肛門と睾丸の間◎さすり方 1秒に1センチ程度のゆっくりした速度...
デリケートゾーン(会陰部)をさするだけで夜間頻尿の回数が激減! - ベース ...
v class="hd">中高年男性を悩ませる! 排尿障害とEDの気になる関係 | マイナビニュースnews.mynavi.jp > ... > ライフトップ > ワーク&ライフ > 大人の悩み - キャッシュ患者さんたちが最も困っているのは「夜間頻尿」、つまり夜中にトイレのために目が覚めることですね。一晩に2回以上トイレに行くというのは異常だと考えたほうがいいと思います。その他、「尿が出ない」「尿の出始めが遅く時間がかかる」「排尿...
中高年男性を悩ませる! 排尿障害とEDの気になる関係 | マイナビニュース
Copyright (c)夜間頻尿に関する情報サイト All rights reserved.