夜間頻尿に関する情報サイト

夜間頻尿に関する情報サイトです。

夜間頻尿についての経験

夜間頻尿についてですが、以前にとある飲食店で知り合いに、なった高齢の男性がその問題になやんでいるのを聞きました。

その方の話しによると、三ヶ月前位から夜目が覚める事が多くなり、トイレにいくことが増えたとのことでした。

何度かそんな事が続いて、奥さんや家族の方達からも心配される様になってから、さらに頻度が増して、最初に水分量を少し摂りすぎてたのかなと思い、意識して水分の摂取を抑えたそうです。

すると頻度が少し減りひと時ではあるが改善したそうです。 ただ年齢を重ねる毎に、また夜間頻繁にトイレに行く為に目が覚めるようになったとの事でした。

その事で睡眠もよくとれなくなり日常でも身体のダルさや、焦燥感を感じる事が多々あると行っていました。 何とか改善したら良いなと思い、考えて、いくつかの提案を、したところその方の症状は和らいだと言っていただきました。

提案としては、やはり水分量のコントロールが一つです。お話を聞くなかでされていた水分のコントロールはどうやら飲み物に限っての事でしたので、食物にも少し気を付けたらどうかと提案しました。

もう一つは地域のイベント等に積極的に参加して、日々の生活の中に抑揚をつけてはどうかと、この二つを提案しました。

あくまで精神的なアドバイスでしたが、この方に関しては効果があったのだと思います。

産後の夜間頻尿

女性の方は、出産後の夜間頻尿に悩まされた方も多いかと思います。 私も子供が産まれてからの頻尿に悩まさてきました。

昼間はそれほど気にならない程度のトイレの回数が、夜になると急に回数が増える気がします。 夜間の頻尿は眠気もあってとても辛いものです。

私が治した方法はいくつかありますが、一番効果があったのは我慢することです。 頻尿の原因のひとつで、膀胱のつくりはゴム風船のようになっていると病院で言われました。

我慢せずにトイレへ行ってしまうということは、新品のゴム風船に空気を少量入れると勢いよく空気が外へ出てしまいます。 その原理と同じで、膀胱に溜まっている少量の尿は早く出してしまいたくなるそうです。

例えば、我慢して膀胱の尿の量を増やすとゴム風船同様の膀胱は一度大きく膨らみ、一度に溜めれる尿の量は少し増えるそうです。

しかし、尿の我慢のしすぎは膀胱炎を招くこともあります。 それは、我慢しすぎることで、一度よれよれになった膀胱の中で尿が少し残ってしまう状態になります。 いわゆる残尿です。

残尿の状態で菌が入ってしまうと膀胱炎になってしまうといことです。 そうならない為にも、15分、30分という感じで時間をずらしながら我慢することを挑戦してみてはいかがでしょうか?

私はこの方法でかなり頻尿が改善されました。

 

v class="w">排尿のトラブルに隠された病気とは?|男性の排尿.jp 男性の排尿障害 ...danseinohainyo.jp/trouble/sick_001.html - キャッシュ尿の勢いが弱い(尿勢低下) 排尿にお腹の力を要する(腹圧排尿). 尿をためられなくなる【蓄尿症状】, 昼間トイレが近い(昼間頻尿) 尿をガマンできない(尿意切迫感) 夜中トイレのために何度も起きる(夜間頻尿). 尿をし終わった後に感じる違和感【排尿後症状】...
排尿のトラブルに隠された病気とは?|男性の排尿.jp 男性の排尿障害 ...
Copyright (c) 夜間頻尿に関する情報サイト All rights reserved.