夜間頻尿に関する情報サイト

夜間頻尿に関する情報サイトです。

夜間頻尿に悩まないために

夜間頻尿というのは寝ている間に排尿のためにトイレに行かないといけない症状をいいます。

アルコールをたくさん飲んだ夜ですと、夜中にトイレに行くのは珍しくないですが、そうではなく、普段、夜中にトイレに行くことをいいます。

年齢と共にこの症状に悩む人は増えるようです。 この夜間頻尿というのは寝ている時にトイレに行きたくなるので、どうしても睡眠の妨げになります。

ですから、夜間頻尿の症状がずっと続くと睡眠不足になりやすいです。それにより、体調も崩しやすいです。寒い冬などはトイレに行くのも寒く、室温差があったりして、血圧にもよくありません。

この夜間頻尿の原因は主に三つあります。多尿、膀胱の容量が小さくなる、睡眠障害です。それぞれ、対処の仕方が違ってきます。

ですので、夜間頻尿が気になる場合は恥ずかしがらずに、はやめに泌尿器科などに行って、お医者様の診断を受けてほうが、正確な対処方ができます。

例えば、多尿になっている場合、糖尿病が隠れているかもしれません。他にも、多尿になる病気はあります。ですから、ただ、夜間頻尿は夜水分を摂り過ぎているだけだなどと思わないようにしましょう。

膀胱の容量が小さくなるのも同様に病気が隠れている可能性もあります。前立腺炎や膀胱炎などの一般的なものから、もう少し難しい病気が隠れている場合もあります。

睡眠障害が原因の場合は寝ている時に目が覚める度にトイレに行ってしまうので、結局、夜間頻尿の状態になっていたりします。

このように、夜間頻尿と言っても、他の病気が原因で起きているものもあります。出来ることならば、一度病院に行ってきましょう。

寝る前の温かい飲み物で頻尿の回数を減らす

ぐっすり眠った夜中に尿意を感じて起きるのはとても辛いことです。 しかし、加齢とともに尿を我慢するのが難しくなり、どうしてもトイレが近くなってしまいます。

原因は加齢による膀胱の容量の減少や、心臓などの内臓疾患など様々な原因があります。 加齢による膀胱の容量の減少が原因の場合、まず夜の水分量を減らすように心がけます。

夕食はなるべく寝る3時間以上前までに食べるようにし、味噌汁など汁物を飲まないようにします。 また、麺類の場合も水分が多く、どうしても汁を飲んでしまうと尿の量が増えてしまうので、なるべく麺類も昼間食べるようにします。

また、夏場など冷たい飲み物を取りがちですが、冷たい飲み物は口当たりが良く、一度に多くの量を取ってしまい、尿の量を増やすことになってしまうので、なるべく夏でも温かい飲み物を飲むようにし、一度に大量の水分を取らないように気を付けます。

特に湯上りや寝る前は適宜水分を補給したいところですが、湯呑に1杯の白湯や温かいお茶をゆっくり飲むようにすれば、何杯も水分を取らなくても満足することができますし、体も温まり、ゆっくり眠ることができます。

また就寝時には腹巻など着用して腹部を冷やさないように心がけることも、夜間頻尿の回数を減らすのに効果的です。

 

v class="w">過活動膀胱(頻尿、尿失禁)について|土曜も診療している横浜東口の ...sky-uro-clinic.com/disease04.php - キャッシュ過活動膀胱(頻尿、尿失禁)について|横浜駅東口にあるスカイビル腎・泌尿器科クリニックは泌尿器科トラブルの総合カウンター。 ... 過活動膀胱は、尿意切迫感を中心とする症候群として「切迫性尿失禁の有無にかかわらず、通常頻尿および夜間頻尿を伴う尿意切迫感で、感染や他の明らかな病的状態は ... どの科へいけばよいかわからない」「内科へ行ったが異常はないと言われた」と、一人で悩み苦しんでいる人も少なくありません。
過活動膀胱(頻尿、尿失禁)について|土曜も診療している横浜東口の ...
v class="hd">寝る3時間前の夕食で「夜間頻尿」改善 中高年男性に最も多い尿トラブル ...www.iza.ne.jp/kiji/life/.../lif17050121200018-n1.html【男の排尿・前立腺悩み解決!】数ある尿トラブルの中でも、中高年男性に最も多いのが「夜間頻尿」だ。腎臓などの臓器や利尿ホルモンの働きが、加齢によって低下するために…
寝る3時間前の夕食で「夜間頻尿」改善 中高年男性に最も多い尿トラブル ...
Copyright (c) 夜間頻尿に関する情報サイト All rights reserved.